学部長・学科長予定者メッセージ

学部長予定者メッセージ

学部長予定者 小沢 亙

東北農林専門職大学
農林業経営学部 学部長
兼 農業経営学科 学科長予定者

小沢 亙
Ozawa Wataru

地域の課題を解決できる
未来の農業経営者としての力を養う。

食料を生産し、豊かな農村を担う農業経営者が求められています。農業に興味があれば農業経営者になる素質があります。農業経営学科は、その素質の発揮に必要な生産理論や技術などの知識と経験を獲得でき、優れた経営を行う経営者に出会い、学べます。生産管理と経営管理などを体系的にそして集中的に学ぶ「職業専門科目」を通して東北の農業の現状と課題を理解し、地域課題の解決方法を考える力を身に付けます。また、教養を深める英語や情報などの「基礎科目」と、農業経営に活かせる様々な分野の知識を獲得できる「展開科目」で経営者としての視野を広げることができます。そして、学んだことを活かし実践するために自ら目指す農業経営を行うための分析・計画作りを実習先の経営者と教員がサポートします。農業経営者を目指す皆さんを待っています。

【プロフィール】
博士(農学)(東北大学)
専門分野:農業経済学
秋田県立農業短期大学、山形大学農学部等で農業経営・経済の教育と経営効率性、地域の合意形成、農業者のモチベーションを研究。山形県農業・農村政策審議会会長を長年にわたり務める。山形大学名誉教授

学科長予定者メッセージ

森林業経営学科長予定者 柴田晋吾

東北農林専門職大学
農林業経営学部
森林業経営学科 学科長予定者

柴田 晋吾
Shibata Shingo

森林の可能性を広げて
多様なビジネスを展開できる経営者へ。

森林は、木材やきのこなどの生産のほか、美しい景観を形づくるとともに、渇水や洪水の緩和、山地災害の防止、地球温暖化防止などの生活環境の保全、レクリエーションの場の提供など様々な機能を有しており、私たちの暮らしや健康を支え、食や文化の源泉となっています。

今後は、持続可能な開発目標(SDGs)などの持続可能性や脱炭素、生物多様性の保全などの直面する課題に対応するとともに、木材供給を主体とした「林業」という枠を超えて、森林の様々な恵みをフル活用したビジネスである「森林業」を創出・展開させることが求められています。

森林業経営学科では、実習などを通して、国内外の先進的な取組みに接する機会が豊富にあります。

ぜひ、一緒に学び、「森林業」のフロントランナーを目指しましょう!

【プロフィール】
博士(農学)(東京大学)
専門分野:森林環境資源管理・政策
国連食糧農業機関(FAO)、上智大学教授・大学院地球環境学研究科委員長、ケンブリッジ大学客員研究員などを歴任。参加・協働による政策形成やPES(生態系サービスへの支払い)等を研究。埼玉県森林審議会会長

東北農林専門職大学に日本唯一の「森林業経営学科」ができます!(PDF/362KB)

「林政ニュース」編集部『「林政ニュース」第713号』(2023年11月22日)